五感食堂

魔女VS.黒髭+1 がお届けする 手作りコスメ & 料理   〔 五感に響くキッチンバトルのレシピ集 〕

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【番外編】 薬膳デトックス★黒カリー

今回はちと 【番外編】 ということで

料理創作……黒髭
薬膳アイデア……魔女

という、バトルにならないバトルでございます。


題して  薬膳デトックス★黒カリー黒カレー


なにがデトックスかと申しますと

●カレー色素のターメリック(=うこん)に含まれるクルクミンと
 ゴマに含まれるセサミンが肝機能をアップ

      肝臓は、デトックスの働きをする臓器なんですよ!

●生姜は、発汗作用を促す生薬! 食欲増進効果も!

      汗を出すことで有害物質を体外に出します!

●玉ねぎとアスパラガスに含まれるケルセチンも
 体内の有害物質を排出してくれる


という3ポイントでございます。
薬膳といっても、作り方は超カンタン!


【材料】 4人分

○鶏もも肉  100g
○生姜  100g
○ねり黒ゴマ  100g
○水  720cc
○カレールー  110g
○ゴマ油50cc
○玉葱  1ヶ
○グリーンアスパラ  4本
○ご飯 適宜


【作り方】
①下準備をします。
鶏もも肉は、コマ切れに。
生姜は、皮付きのまま繊維を切るようにスライス。
玉葱は、少し大きめにザク切り。

②グリーンアスパラは、茎の下の方の皮を剥いてガクを取り除き、
熱湯で茹でて、氷水に取る。(色をキレイに残すため)

③厚手の鍋にゴマ油を入れ、冷たい状態から鶏肉・生姜・玉葱を入れ、
弱火でじっくり炒めエキスを煮出す。

④炒め終わったら、鍋に水・カレールー・ねり黒ゴマを入れ弱火で煮込む。
少し炊いて馴染んできたら出来上がり。

⑤大きめの皿に、ご飯とグリーンアスパラを盛り付け、4をかける。




呑み過ぎが続いた後や、デトックスしたい日にどうぞ。




五感食堂、世界制覇の前にブログランキング1位を目指します!
あなたの清き “ひと押し” を
ポチッとな→  
スポンサーサイト

| | 22:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヨーグルト

本日のお題  ― ヨーグルト ―

ヨーグルト

ヨーグルトは、
牛、山羊、羊、水牛などの乳に乳酸菌などを加えて発酵させた乳製品のこと。

その歴史は古く、ブルガリア地方では
数千年前からすでにヨーグルトがつくられていたそうです。

日本人が一般に食べるようになったのは、
ここ40年ほどのあいだ。

チーズとならび、まさに、西洋版発酵食品の代表選手ですね。


ヨーグルト独特の酸味も、
乳酸菌が、主原料である乳に含まれる乳糖を
乳酸にかえる過程(=発酵)でうまれます。

なので、牛乳を飲むとお腹がゴロゴロするという乳糖不耐性の人も
乳糖の約半分ほどが乳酸にかえられたヨーグルトなら
あまり気にならない、というわけ。


ちなみに、この乳酸菌

ビタミンの合成や消化吸収、免疫力などを活性化する作用があり、
いわゆる“善玉菌”として超有名スターなのですが、

動物性のものと植物性のもの、2種類あるってご存知でしたか?


動物性乳酸菌は、さきに述べたように、動物の乳に生息するもの。

一方、植物性乳酸菌は、
果物の表面や植物の葉などに生息するもので、
動物性乳酸菌に比べて胃酸に強いのが特長です。

日本古来の伝統食、味噌や醤油、漬物、清酒などは
この植物性乳酸菌による発酵食品なんですよ。



これまで、植物性乳酸菌は、牛乳などに混ぜても発酵がうまく進まないため
ヨーグルトにするのは難しいといわれていましたが、

広島大学の杉山教授のプロジェクトによって研究が進められ、
2004年、ついに商品化に成功。

西洋と東洋の「発酵」文化の融合、ですかね。


さて、五感食堂 初の洋素材
どうなりますことやら……

≫ 続きを読む

| | 19:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。