五感食堂

魔女VS.黒髭+1 がお届けする 手作りコスメ & 料理   〔 五感に響くキッチンバトルのレシピ集 〕

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

蓮根

本日のお題  ― 蓮根 ―

蓮の花

読んで “れんこん”、 書いて “蓮根”。

しかし正解は、
蓮根とは、地下に眠る茎なのです。

この蓮根、とてつもない生命力をたたえているんですね。
大賀一郎博士が1951年、2000年前の蓮の実を発掘して
花を咲かせたのは、有名なエピソード。

食用としては地下茎の蓮根がポピュラーですが、
蓮の花が咲いた後、ハチの巣のような花托 (かたく) に入っている蓮の実
中国などでは食卓によくのぼります。
心を養い、腎に益し、脾を補う効果があるのだとか。
精神を安定させる作用があり、
古来より婦人病にもよく使われるので、生理前後のイライラにはもってこい。


もちろん、地下茎の“蓮根”にも
さまざまな効果があります。

注目すべきはビタミンC。
でんぷん質が多いので、ビタミンCが壊れにくいという特徴があります。
便通を助ける食物繊維や水分代謝に役立つカリウムも豊富。

蓮根を切ったときの粘り気はムチンという糖タンパク質の一種で、
タンパク質や脂肪の消化を助けるといわれています。

切り口が黒ずむのは、タンニンを含んでいるからで、
これには、胃腸の炎症をやわらげる効果があるそう。

このタンニン、止血作用をもっており、
漢方でも「古血を散らす」といって
鼻血止めや不正出血に蓮根が用いられてきました。

日本の民間療法では、
蓮根の搾り汁などを、咳止めに使うことが多いようですね。



どうですか。
見通しがいいなんて言って、お正月にしか食べないのは
もったいないと思いませんか。


ちなみに、コスメにするなら、ビタミンCの含有率の高さに注目したいところ。
ビタミンCは、お肌プルプルのコラーゲン生成を促しますからね。

花もよし、
種もよし、
茎もよし、の蓮なのです。



で。
魔女VS.黒髭対決はというと……


黒髭の料理レシピ

●黒髭流・現代版からし蓮根
からし蓮根

【材料】
・蓮根 一節   ・玉子 1個   ・からし 10g   ・片栗粉 少々

【作り方】
①まずは蓮根50gをおろし金で擦りおろします。
②少し固めに①の水気を搾り、卵黄1個・からし10gと混ぜ合わせます。
  卵白は捨てずに取っておきます。
③残りの蓮根を5mm幅で12枚スライス。まな板の上に6枚並べ、
  先ほどの②を均等に蓮根の上に乗せていきます。
④残りの蓮根6枚でフタをして刷毛で片栗粉をまんべんなくまぶします。
⑤取り置いていた卵白を箸で溶きコシを切ります。
⑥フライパンに蓮根が半分浸るくらいの油を入れて、160度くらいに温めます。
  ④に卵白をからめ油で揚げます。
 まんべんなくひっくり返して、カラッと揚がったら出来上がりです。



今回の食材は蓮根。

熊本の郷土料理、からし蓮根を作ります。
またオレ流でね。

僕の教わった、からし蓮根は
蓮根を節のまんま先ずは茹で、蓮根を立てて水気を切ります。
白味噌とカラシを合わせ、先程の蓮根に擦りつける様に詰めていきます。
天ぷらの衣にウコンや黄色い色素などで色をつけて、油で揚げます。
後は輪切りにして食べるだけ。

つーか、
めっちゃ手間でしょ。

蓮根を茹で → なんか詰め → 揚げる → 熱いのを輪切り。

昔、懐石やっとったとき、作った事あるんですけど
めっちゃめんどくさかったんです。

しかも、こんなに手間かけてもあんまり美味しくないし、いっぺんにようけ出来まんねん。

あかんやん。

黒髭流・現代版からし蓮根、簡単でしょ!

蓮根のシャキシャキ
カラシの風味が合間って、めっちゃ美味しいです!





魔女コスメレシピ

●美白ロータス・ローション
れんこん化粧水

【材料】
・黒髭流・現代版からし蓮根、作り方②の蓮根の搾り汁 大さじ1
・米酢 20g  ・精製水 30g  ・グリセリン 適量

【作り方】
①材料をすべてよく混ぜ合わせます。
②冷蔵庫で保管し、一週間以内に使いきりましょう。使用前はよく振って。



ダントツのビタミンC含有率を誇る蓮根。

名前は言いませんが、ブランドメーカーKENZOKIさんも (あら、言っちゃった?)
中国の蓮根を原料に化粧水をつくってらっしゃいますわね。

しかし、魔女の蓮根化粧水は、手作りでございます。

ビタミンCは、美白だけでなく、細胞同士のコラーゲンの生成を促してくれますし、
蓮根の粘り=ムチン (糖たんぱく質) は、皮膚細胞を活性化してくれるそう。
これに、油分代謝のコントロールと殺菌作用のあるお酢をあわせました。


酢のニオイが気になる方は、分量を少なめに。

保湿効果を高めたい方は、グリセリンを少し多めに。










スポンサーサイト

| | 15:17 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ちょっと黒髭さん、

言い忘れてますことよ★

食べるときは、岩塩なんぞをぱらぱらっと振りかけて……

で、ございましょ!?
シッカリしてくださいまし。

冷めても美味しいので、お弁当にもよいですわね。

| 魔女 | 2008/01/18 15:35 | URL | ≫ EDIT

今回も完勝ですね

| 黒髭 | 2008/01/21 13:26 | URL | ≫ EDIT

みなさん、コスメもつくりましょ、コスメも。

皮膚も胃袋も、おなじ皮一枚でございます。


ま、ここでゴマメのひと言なんぞ
欲しいとこではございますが。

| 魔女 | 2008/01/21 23:40 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gokansyokudou.blog51.fc2.com/tb.php/13-55638f53

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。