五感食堂

魔女VS.黒髭+1 がお届けする 手作りコスメ & 料理   〔 五感に響くキッチンバトルのレシピ集 〕

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

里芋祭り VS. 里芋湿布

本日のお題  ― 里芋 ―

ツルドクダミ

中秋の名月(陰暦の8月15日)に供えるお団子。
そもそもは、里芋を供えていたなごりとか。


里芋は、親芋から小芋、孫芋と次々になるため
子孫繁栄の象徴として縁起扱いされてきたという説もありますが、

もともと月見の風習は、中国から伝わってきたもので、
中国では、月見は里芋の収穫祭であった、という説もあります。


里芋の栽培は、稲作とほぼ同じ時期、
もしくはそれよりも古くに始まったといわれていますから、
高価な団子よりも、日々の糧である“里芋”こそが
豊穣を象徴する食べ物であった
のかもしれませんね。

ちなみに、日本独特のお月見、十三夜は、別名「栗名月」とも呼ばれ、
月見団子のほかに栗や枝豆をお供えするそうです。


さて。


この里芋、独特のぬめりがありますが、
これは水溶性の植物繊維であるガラクタンとムチンによるものです。

ガラクタンは、脳細胞を活性化させる働きがあるほか、
免疫力の向上、消化促進、血圧コントロールと
まさに八面六臂の大活躍です。

また、ムチンは、胃腸の粘膜や肝臓を強化してくれます。


これら成分を含むゆえか、
中医学でも、里芋は脾・胃経に属し、それら臓器のはたらきを整えるといわれています。
滋養強壮や炎症を鎮めるのにも適しています。

また、新陳代謝を活発にしてくれるので、
肌のキメも細かくととのえてくれるんですよ。



さて、お料理にする場合、手がかゆいという人もいるかと思いますが、

小芋の場合、
15分ほど蒸した後、成り口(親芋とつながっていたところ)を切り落として、
そこから中身を押し出すようにしてみてください。

わざわざ皮を剥かずとも、おもしろいくらいスルリと中身が出てきます。



これに塩をかけて食べるのが、いわゆる衣被(きぬかつぎ)。

平安時代、女性の頭を覆っていた布がスルリととれて
白い肌が現れる様子からつけられた名前です。



さてさて、日本の食卓に馴染み深い里芋。
五感食堂で、どう変身することやら。。。


黒髭の料理レシピ

●里芋祭り
里芋祭り
【材料】
・里芋 適量  ・トッピング 各種


【作り方】
①里芋を蒸し器で竹串が通るまで蒸しあげます。
②蒸しあがった里芋の粗熱を取り、皮をむきます。
③皮をむいた里芋をラップに包み、まな板の上で一個ずつ
 手の平をのせて一気にグチャッと潰します。
④潰した里芋を一口大の手鞠状にまとめて、具材をトッピングします。


里芋といえば煮物。
中途半端な味で炊いて、なんやネチャネチャ食べて
すぐに腹が膨れる。
あんまり好んでは食べてなかったなぁ。

だから、あえて里芋を食べやすく。
小芋んときの衣かつぎが、好きな食べ方やし。

じゃあ、里芋づくしで、オードブルを作ってみようかと。

今回、トッピングに用意したのは、

・大根おろし(鬼下ろしを使用)
・酢味噌(市販の物)
・明太子(安物で十分)

後はアイディア次第で、何なりと乗せてって下さい。

しかしこの里芋のオードブル。
なんぼでも食べれますわ
ちょっと里芋の可能性を広げたかもねー





魔女コスメレシピ

●里芋湿布
里芋湿布
【材料】
・里芋 2個  ・生姜 少々  ・小麦粉 少々


【作り方】
①里芋2個、生姜(親指大ほど)をそれぞれすりおろします。
②湿布として塗りやすい粘度になるまで①に小麦粉をあわせ、よく混ぜます。
③患部に塗ってしばらくおき、湿布が乾いたら、濡れたタオルで少しずつ取り去ります。



まず最初に。 これは魔女のオリジナルではありません。
「お婆ちゃんの智恵袋」とでもいうべき、民間療法の代表選手です。

魔女が、この湿布を知って、初めて試したのは2年前。
その威力にビックリしたものです。

そして、すでに知ってる人にとっては「当たり前」のようなことも、
世の中には (私のように) まだまだ知らない人もいるんだろうな~と思ったものです。

また、私は里芋パウダーをわざわざ探し求めてチャレンジしたのですが、
後で、フツーの里芋で湿布をつくれると知って、
かなりガッカリしたものです。

なので、五感食堂を始めるときに、
オリジナルのレシピはもちろん、もっともっとみんなに知ってほしい民間療法や
お婆ちゃんの智恵袋も紹介していくぞ! と心に決めていたのであります m(_ _)m


ということで……

この里芋湿布、関節炎や打撲、腰痛、生理痛、リウマチ、癌など
あらゆる炎症系の痛みに効くといわれています。

里芋で肌が荒れる場合は、先に患部に胡麻油を塗ったり、
湿布をガーゼにくるんで使うとよいそうです。

と、ここまでは民間療法として、よく知られている情報。


実際の体験談をお話すると、


まず、魔女は、もっぱら肩凝り用に使っています。

もともと皮膚が強いのか、里芋の皮を剥いても平気なタイプなので、
胡麻油も使用しませんでしたが、

一番苦労したのが、湿布を 【剥がすとき】 。

かなりバリバリに乾くので、痛いのなんのって・笑
とくに肩に塗ったので、髪の毛1本、湿布にはさんでいようものなら
絶叫必須です。

試行錯誤のうえ、辿り着いたのが、半身浴タイムの利用。

みぞおちまでぬるま湯に浸かり、肩に里芋湿布をし、
本を読みながら、水を飲みながら、風呂場でダラダラ過ごす。

風呂場の湯気で、湿布が乾きすぎることもなく、
湿布をとるときも、お風呂の湯とタオルで少しずつ洗い流せばOKです。


肩が凝る、というのは、血流や筋肉の詰まりもありますが、
「気」の詰まりも原因になっていることが多いようです。

好きな本を持って、風呂場でのんびり過ごすことじたい、
「気」の発散に役立ちますよ!



五感食堂、世界制覇の前にブログランキング1位を目指します!
あなたの清き “ひと押し” を
ポチッとな→  





スポンサーサイト

| | 22:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gokansyokudou.blog51.fc2.com/tb.php/20-11ebf97e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。